前へ
次へ

食物アレルギーの症状が出てしまった時の対処法

一般に食物アレルギーの症状は、原因となる食物を食べた後二時間くらいの間に現れる場合が多いと言われています。
仮にうっかり原因食物を食べてしまって症状が出てしまったとしたら、冷静さを欠いて慌ててしまうことでしょう。
そんな時に冷静に対応できるよう、前もって医師と話し合い決めておくことができます。
例えば、症状が軽症から中等症の場合、食べた直後であれば吐かせることもできますが、三十分以上経過していたら吐かせないほうがよいと言われています。
また処方されている薬剤がある場合は、必要に応じて服用することができますし、症状が進行しないようであれば一時間ほど経過を観察し、後日医療機関を受診することができるでしょう。
しかしアレルギー症状が軽症ではなく、アナフィラキシーショックを起こしているような場合は、できるだけ早くアドレナリンの筋肉注射を打つ必要があります。
そのため、深刻なアレルギー症状が出てしまったなら、救急車などを使ってできるだけ速やかに医療機関を受診しなければならないでしょう。

Page Top