前へ
次へ

アレルギーによるアナフィラキシーショック

人間にとって毒になるものがあり、毒キノコなどを食べると多くの人に一定の症状が出るでしょう。
その他フグなどが持っている毒も人間には分解ができない毒とされています。
一方ある人が食べても問題が無いのに別のある人が食べると一定の症状が出る食品があります。
毒とは違って分解ができないわけではないですが、体に一定の症状を与えるので食べるのを控えないといけないかもしれません。
食品アレルギーによるアナフィラキシーショックにより体に異常が出ます。
アナフィラキシーショックが起こるのは食品アレルギー以外に毒性の強い蜂などの昆虫に刺された時にも出て、血圧の低下や意識状態が悪化したりしてひどい時には死に至る非常に怖い状態になります。
ただしその症状が出てすぐであれば対処方法があり、アドレナリン自己注射薬などで対応することが多くなります。
これによって体中に出た異常な状態を抑えることができ、何もしないよりも安静状態を保つことができます。

Page Top